グリーク・ストリート

 この通りがある Soho 地区の 1960 年代ごろは、コーヒーハウスや フォーククラブが多くあり、ニューヨークのグリニッジビレッジのような ところで、彼らはよく来ていたようです[1]。今ではレストランが 軒を連ねています。奥に木が見えるのが Soho Square です。


 こちらに よると、48 番地にあった"Les Cousins"というクラブがミュージシャンの 溜まり場になっていたそうです。口論の末の出演にも かかわらず、Paul が演奏を始めるとたちまち観客を引き込んだ、という エピソードも伝わっています[2]。

 一方で、現在の 48 番地は右の L'Escargot という 名前の知られたフランス料理屋なのですが、1927年創業という 情報 もあり、"Les Cousins"が本当に 48 番地にあったか疑問も残ります。


地図  地下鉄 Tottenham Court Road 駅から徒歩 3 分。


参考
[1] 1966(1967?)年 タフツ大学コンサートMC
[2] パトリック・ハンフリーズ 著 野間けい子 訳 『ポール・サイモン』 東京 音楽之友社 1988年 p.69